所在不明人・失踪人の所在調査

所在不明な人物を特定する「所在調査」において、調査を依頼する依頼人が持つ「手ががり」というお持ちの情報によって所在を明らかにするために選択する「調査手法は異なる」と言えるのです。仮に親元を離れて一人暮らしをしている人物と音信不通になり、所在調査を依頼したとします。失踪当時の居住先がどのような状況であり、ライフラインや各種請求はどのような状況か情報が必要となります。携帯電話の電源が入っていないため連絡がつかない現状であり、このような多くの支払が銀行から引き落としになっていたならば「手がかりは少ない」と判断できるのです。大家さんにお願いして部屋の状況を確認し冷蔵庫の中なども確認しておく必要性があるのです。このようなことを積み重ねて情報を集め「いつ頃から失踪した」のかが理解できたならば「友人知人に聞き込みを開始」するべきです。失踪当時に接点があった知人を中心に「当時の様子に変わったことがなかったか?」を中心に聞き込むのです。もし、友人知人の中に情報を持つ人物が存在しなっかったならば「警察に捜索願い」を出した上で平行して「探偵による捜索」も実施することが、これ以上考えられない「失踪人の早期捜索の対処」と判断できます。

家出人の所在調査

家出人を探す所在調査も上記同様に「知人に変化が無かったか?」聞き込むことは有効です。もし、家出している当事者が友人に口止めをお願いしているならば「聞き込みにきて心配している」状況が家出人の耳に高確率で入ることが考えられるのです。直接、メールや連絡がつかない状況でもこちらの姿勢は伝わる可能性がある行動と判断できるのです。

例年、ゴールデンウィークや夏季休暇を堺に所在調査の相談や依頼が多くなります。多くの所在調査は短期間で結果が判明しますが「手がかりとなる情報が無い」調査案件は困難な所在調査となってしまい、時間と経費が必要となってしまうのです。若年層の異性交遊からの所在調査や、ご夫婦のいずれかが異性問題で家出や別居状態となってしまうのです。今年から社会人となった人物にも所在不明になる人物は多数存在し、所在不明になる理由は「会社や社会に順応できない」という原因から全てが嫌になって失踪してしまうのです。

失踪人が残すシグナル

どのような状況を残して失踪したのか?が失踪人を調査する上で非常に重要なポイントとなります。急を要する所在調査ならば「自宅には2度と戻らないと判断可能」な状況が残されているものです。例えるならば「冷蔵庫内が整理」されていたり、ライフラインを止める手続きが済んでいるなども捜索に緊急を要する状況と判断できるのです。加えて周囲にそれとなく身の回りのものを不要だから引き取って欲しいなどの連絡があったのちの失踪は非常に危険と判断出来るのです。自ら命を絶つ人物の多くは「身辺整理が危険サイン」となっているケースが多く確認されています。大切にしていたものが見当たらない状況や、大切なはずの預金通帳などが発見しやすい場所に置いてある状況などは非常に危険と考えられているのです。逆に生活感が残ったまま失踪してしまったケースなどでは「事件や事故に巻き込まれた可能性」が考えられるので「失踪人が最後に確認された状況」などが重要になってくるのです。いずれのケースであっても失踪人が残すシグナルにいち早く気付くことが「初動の速さ」に繋がるので大切と言えるのです。

ページのトップへ戻る