社内恋愛や社内不倫からの浮気調査

一部の職業を除き、「会社内での恋愛は自由」という解釈が色濃い現代において「社内恋愛で失敗」を経験される方は多数存在します。そのような理由で有能な人材を失いたくない一部の経営者や管理職は「社内恋愛で生じる業務の不具合」を考慮し「恋愛禁止を推奨」する店舗なども存在するのです。しかし、現実問題として社内恋愛や職場恋愛以外の可能性で恋愛が成立するか?考えるとこれまた困難な話になってしまうものなのです。職場は恋愛が成立しやすい環境であり、恋愛がトラブルに進展したケースでは「業務や関係者に支障が出ることは必至」と認識されています。このような状況は独身者同士の社内恋愛であっても、既婚者が絡んだ不倫と呼ばれる社内恋愛であっても必ず大なり小なり支障が発生し周囲に気使いが必要となります。社内恋愛で三角関係になってしまい、「異性交遊が盛んな社員」が原因で恋愛がらみのトラブルが発生してしまう。浮気が原因で表面化した恋愛トラブルなので「恋愛関係を断ち切る判断」が可能ならば恋愛の終焉とともに時間が解決してくれることもあるでしょう。しかし、感情に納得できな思いが残って「自身が身を引く」理由が無いと判断できるケースでは浮気調査を実施し「誰かの偽りで不名誉な事実」が社内で評判となってしまうことが無いよう事実確認を実施しておくことも時には必要となるです。独身である人物が社内での保身を目的とした浮気調査が実施されるケースも少なくないと言えるのです。

組織の中では社内不倫は格好のネタ

恋愛している当人からすると「ささやかな社内恋愛」のつもりが世間からみれば「社内不倫と判断される」ケースは数多く存在し、噂話の主役として社内で多くの方が耳にする話になります。不倫している当人同士は「本当に秘密のささやかな恋愛」との認識しかないが「流通する噂はエスカレートして流れる」ことが常識的であります。それとは別にサラリーマンである以上、「出世が絡んだ妬みや蹴落とし」が存在し、ネタとしてこのようなお話しが最適であることを認識されるべきでしょう。派閥が存在している会社ならば尚更であり、敵対する派閥に属する人物の悪評は「管理職の監督不足や管理能力」が問われることに発展することも考えられるのです。自身の部下である人物が世間に後ろ指を刺される行為をしているという状況は好ましいとは言えないでしょうし、配偶者である人物から会社内の風紀が常識的では無いと指摘される可能性も考慮するならば「上司として常識の範囲内で注意を促す」ことが必要となるでしょう。世間的には不倫している人物のプライベートな問題に会社が首を突っ込みすぎる行為は望ましくないのです。そして、配偶者が会社に対して不倫を抗議しても無駄と判断されているのです。このような理由から社内不倫している不倫相手に対して浮気調査を実施し「不貞の証拠」を取得して損害賠償請求することが不倫関係を解消させるために有効な手段と考えられているのです。

社内恋愛・社内不倫が招く数々のリスク

社内恋愛や社内不倫がなぜ噂話として流通するのか?理由は複数の要素が考えられます。不倫をしている当事者を良く思っていない人物が複数存在することであったり、職場環境の不満や他人の噂に対して無責任に言いたい放題が可能ということも大きな原因と考えられるでしょう。退屈な会社での時間を面白おかしく過ごしたいとの考えも理由の一つとして否定できません。社内恋愛や社内不倫が表面化してしまいリスクを最初に感じる場面は「働きずらく感じてしまう」ことでしょう。自身が所属する部署の人物の大半が社内恋愛や社内不倫の事実を知り、変な気を使って接してくることとなってしまうのです。そのような状況から周囲の人間たちから「働きずらく業務に支障が出る」との苦情が出たならば配置換えや転勤が将来的にまっているのです。このような会社側の動きの多くは「遠まわしに自主退社」が意図として存在する場合が少なくありません。こと社内不倫を良く思っていない会社は数多く存在し、過酷な労働環である子会社に出向などの状況になってしまったケースでは「退社」がリアルに感じられてくるのです。

ページのトップへ戻る